神経内科とは

神経内科というのは、いわゆる脳神経内科のことです。主に、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などで起きた症状や病気について、内科的な治療(薬物療法)を行っていく診療科です。診断をつけるのに詳細な検査が必要という場合は、レントゲン、超音波検査(エコー)、MRIなどの画像検査をするなどして、総合的に判断していきます。

神経内科の対象となる主な症状は、しびれやめまい、体に力が入っていかない、歩行障害、ふらつく、物が二重に見える、しゃべりにくい、頭痛、手足や体が勝手に動く、物忘れがひどいといったことなどです。

当診療科は神経(中枢神経・末梢神経)を診療の対象としていますので、脳や頭部に限定することなく、全身を診療の対象としていますが、診察時に骨や関節が原因のしびれや麻痺と医師が判断した場合は整形外科を、また手術による外科的治療が必要となった場合は脳神経外科をご案内いたします。そのほか、精神的な症状が関係している、眼科や耳鼻科が適切であるという場合は、総合病院や専門の医療機関を紹介します。

以下の症状に心当たりがあれば一度ご受診ください(例)

  • 頭痛(慢性的)
  • めまい
  • 失神
  • 痙攣(けいれん)
  • 意識障害
  • 著しいもの忘れ
  • 歩行障害
  • 四肢(手足)の運動麻痺・萎縮
  • ふるえ
  • しびれ
  • 手足や体が勝手に動いてしまう(不随意運動)
  • ものが二重に見える(複視)
  • 言葉が話しにくい
  • 耳鳴り
  • 聴力障碍
  • 排尿障害 など

神経内科の主な対象疾患

  • 頭痛
  • てんかん
  • 脳卒中(脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下出血)
  • 認知症(アルツハイマー病
  • レビー小体型認知症
  • 血管性認知症)
  • パーキンソン病
  • パーキンソン症候群
  • 運動失調症
  • 髄膜炎・脳炎
  • 重症筋無力症
  • 免疫性ニューロパチー
  • ミオパチー
  • 筋ジストロフィー
  • 急性意識障害
  • 急性脳症
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • 球脊髄性筋萎縮症(SBMA) など
田ノ口診療所
院 長
田中 健治
診療内容
内科・神経内科・循環器内科・小児科・リハビリテーション科
住 所
〒573-1162
大阪府枚方市田口1丁目21番11号
TEL
072-800-1905
アクセス
京阪電車枚方市駅北口から
京阪バス『田ノ口』停留所徒歩5分
京阪バス『甲斐田東』停留所徒歩5分
休診日:水曜午後、土曜午後、日・祝  
診療時間 日祝
9:00~12:00
16:30~19:30